Contact, 联系, संपर्क,  اتصال, コンタクト,  контакт  :        dette.animaux.don.heritage@laposte.net

私の相続財産の受益者:

 

 

協会

 

- PETA協会 - 英国支部

https://www.peta.org.uk

 

- ブリジット・バルドー財団 - フランス

https://www.fondationbrigettebardot.fr/

 

- 協会 L214 - フランス

https://www.l214.com/

 

- シーシェパード協会 - フランス支部

https://seashepherd.fr

 

- sanctuaire des Douages 協会 - フランス

https://www.domainedesdouages.com

 

- WELFARM協会 - フランス

https://welfarm.fr

 

- GAIA協会 - ベルギー

https://www.gaia.be

 

- エコロジーを中心に - フランス *

https://ecologieaucentre.eu

 

- 動物の生成 - フランス *

www.generationanimal.fr

 

- マンスール医師の避難所 - チュニジア

https://www.soutien-au-dr-mansour.org

 

- より良い世界に向けた協会 (ウェブサイトなし)

 

 

-ビジネス支援

     RIPAI(制作中)リヨン地方の公共施設のプレートの植生 - フランス

(ウェブサイトは建設中です)

 

    DROLE de ZEBRE: 動物問題を公共調達に組み込む

https://www.ddzebre.com/a-propos/

https://www.ddzebre.com/collectivites/

 

その他の活動

野良猫の不妊手術

 

 

 

(グーグル翻訳:信頼性?)

 

借金の名の下に

 

150,000 €の継承を与えます

 

                                                                   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビデオテキスト:  

 

私の名前はゴーティエ ジュルネ、フランス最大の組織の従業員ですが、政治には関与していません。

 

これらすべてに関係なく、このビデオのタイトルを説明すると、私たちはその生き方のせいで動物に対して借りがあると思います。

これらすべてに関係なく、そしてこのビデオのタイトルを説明すると、私たちは動物に対して借りがあると思います。
それは私たちの生活様式、つまり食べ物、衣服、娯楽によるものです。


私は何年も前からほぼヴィーガンになったことで、これらの分野における将来の責任をほぼなくしてきました。

その一方で、私は23歳まで食事に関してフランス人らしい典型的な行動をとって以来、借金も抱えています。

両親から 15 万ユーロの相続財産を受け取ったので、私は動物たちに対する家族の負債に対する補償の一環として、この全額を動物保護協会に寄付することにしました。 これは同じ消費分野、特に食品にその起源があります。 これをさらに進めると、借金とは他人に損害を与えたという事実です。 私たちが道徳的に動物を「他者」という概念に含めるとすぐに、負債を抱えているのは実際には人類全員であると考えることができます。 これは膨大であり、日々増加しています。

 

私たちはすでに何度か、特に自然破壊に対する負債について聞いていますが、犠牲者の数を考えると最終的に最も重いままである動物に対する負債については決して聞いたことはありません。 私のアプローチの最終的な目標は、この負債の概念に焦点を当て、それによってすべての人や私たちの社会に、動物に対する私たちの行動を変えることを考えさせることです。 どうすれば彼らを傷つけることをやめられ、どうすれば彼らへの借金を返済できるでしょうか?

家畜に関する写真コンテストが毎年開催されます。

受益者のリストは以下に示されています。

 

 

 

私の物語

 

起源:

 

たぶん12-13-14-15歳の時に、それを食べるためだけに生き物を故意に殺すことができるという考えは私を悩ませました。時間が経つにつれ、同じように扱われたくなくなりました。だから、生き物の命を盗むという考えは、私を養うだけでは受け入れられないと思いました。 
肉なしで食べるのはとても簡単です。


頭の中で、時間が経つにつれて、死体だと思うものを食べるのをやめようと決心しました。 食べると何よりも吐きたくなる。 スカベンジャーであるような不快な感覚。

私は両親と同居しており、両親との衝突を避けたかったので、経済的に両親から自立するまで待って、23 歳のときにベジタリアンになりました。 両親の場合、文化の重みは重要かつ固定的なものであるため、私の移行は簡単ではありませんでした。 その一方で、私の倫理的主張に対して肯定的な反応がなかったため、私の両親は利己的で自己中心的で、動物の苦しみや虐待に無関心であるように見えました。 このことから、私が彼らから相続した際には、彼らから受け継いだお金を動物愛護協会に寄付しようと考えるようになりました。 それは彼らの無関心がもたらした結果を埋め合わせようとすることなのです。 動物界への恩義という考えが生まれました。

 

私がここで彼らを責めないことを明記するのは、文化的な抵抗が精神的に最も克服するのが難しいことを知っているからです。 しかしその一方で、彼らのお金は私の両親の間接的な被害者の子孫への補償に使われることになります。

私の場合、ただお金を相続しただけではありません。 両親から受けた教育を通じて、私は非倫理的で罪悪感を引き起こす食生活を受け継ぎました。

 


ベジタリアンになることで責任がなくなったにもかかわらず。 私は23歳まで肉を食べていたので、残念ながら同じ借金を抱えていました。

私はすぐに、私や私の家族をはるかに超えて、人類全員が同じ負債を抱えていると考えました。 それは巨大で、日に日に悪化しています

 

 

寄付

 

私のお金との関係は独特です。 3つの側面:

1-私は、これは人類の最悪の発明であり、最終的には精神を堕落させることになったと考えています。 考えてみると、非行、戦争、奴隷制、窃盗、搾取、詐欺、誘拐、失業、悲惨、汚職など、人類を蝕むほぼすべての悪の根源はお金にあります。

2-相続という概念自体が誰かの死に結びついています。「私にはもう両親はいませんが、その代わりにお金を受け取ります」。 それについてはとても困っています。

3-私が考えるお金は私のものだけです。 私の両親のもの、つまり彼らのもの。

 

最終的に両親から相続するのであれば、そのお金を貯め込んだり利己的な無駄なことに使うのではなく、良いことに使った方が良いかもしれません。

 

私はその遺産を使って、できるだけ多くの人々に動物への借金の概念に対処してもらうつもりでした。 目標は、彼らがこれを認識し、人間以外の生き物への敬意の観点から彼らの行動と結果に疑問を投げかけることです。 メディア報道のアイデアが生まれました

したがって、私は可能な限り最大の国際メディアの影響を期待しています。悪い良心の影響下で、私はできるだけ多くの人々が菜食主義の方向に進んでいることを願っています

 

メディア報道のこの考えは、お金を送ったり使用したりすることよりもはるかに重要です。

記者会見は一つのことですが、私はソーシャルネットワークを通じて私のアプローチを広めることに依存してい

 

より具体的に言えば、寄付は基本的に以下に向けられます。 - 主に家畜を支援する構造物 - 虐待や容認できない行為を報告する内部告発者。 - ビーガン食への移行と動物問題への配慮を支援および促進する構造